ウォーターサーバーのデメリット|水宅配・レンタルキャンペーンのサポートサイト

HOME   >   ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリット

別項でウォーターサーバーの利点を紹介しましたが、利便性や衛生面、経済性で優れるウォーターサーバーにも少なからずデメリットも存在します。 とは言えどれも重要なデメリットと言うものではなく、あら捜しのようなものだと思っておいて下さい。

ウォーターボトル取替え時、重量がある為女性や高齢の方には辛い

女性が水を飲むイメージ 以前はガロンボトルと言うボトル自体にも重量があり、最大で20キロ近くの重量があったと言われています。 最も現在ではガロンボトルは重量もそうですが、高温時に有害物質が出る事が知られてからは使われていません。

代わりにエアボトル式のウォーターボトルが主流となっており、これであれば12ℓでほぼ12キロとガロンボトルに比べると非常に軽量化されています。

またウォーターサーバーを扱っている会社によっては、7ℓなど女性や高齢者でも簡単に取り付けが出来るように配慮されているものもあります。

温度調整時に音がする

こちらも大きなデメリットとは言えないものの、もしワンルームなどでウォーターサーバーが近い場合は、温度調整時の動作音が若干気になる可能性があります。
今では省エネや低騒音が施されており、一昔前ほど煩くなくなっていますがそれでも気になる人は気になるようですね。

騒音などが気になる方は稼動時の音が低いものを選ぶようにするのが宜しいでしょう。
もっとも冷蔵庫などの音が気にならなければ、ウォーターサーバーの動作音も気にならないレベルであると言えます。

他にもガロンボトルの時は配達毎に引き取る形だったために、居住スペースを圧迫するような問題もありましたが、現在では使い終わればコンパクトに畳む事が出来、不燃ゴミで処分出来ますのでこれもデメリットとは言えないものになっています。


ウォーターサーバーの歴史とは!?

TOPページ