軽水と重水とは|水宅配・レンタルキャンペーンのサポートサイト

HOME   >   軽水と重水とは

軽水と重水とは

別項で扱った軟水と硬水の他にも『軽水』『重水』と呼ばれるものがあります。

1943年アメリカの学者ユーリーが純水(不純物が混じらない水)の中に普通の水素元素(H)と酸素原子(O)の他にも、Hの2倍の質量を持つ水素原子(D)がある事を発見したのが最初と言われています。 ただし重水はその性質上自然界にはほとんど存在していません。

重水とは

笑顔の女性写真 重水と軽水は形成する上で物質の溶解度や電気伝導度、電離度などの物理的性質、反応速度が異なっているのが特長です。 軽水が通常の水を表すとしたらその2倍の質量を持ったものが重水になります。

重水は飲用として利用する場合大量に摂取しますと生体内反応に異常が起こり、最悪の場合は死に至ります。

また重水の中では魚類も生命を維持する事が出来ませんし、植物なども発芽する事が出来ません。 主な用途は限られており原子炉や放射線治療の減速材として使用されています。

軽水とは

重水が自然界にほとんど存在していない代わりに、その多くの割合を占めるのが軽水で、天然水のうちでは99.74%がこの軽水に該当します。 ただし天然水の中には微量に重水を含んでいるものもありますが、飲用した場合の人体への悪影響はないと言われています。

私達が日常で利用しているものも軽水で占められており、生活用水から飲用水など幅広く利用されています。 また健康法の中で重水元素Dを少なくしたもの・・・『超軽水』と呼ばれるものは、ガン細胞への抑制効果を持つと言われているようです。

以上のように水には軟水と硬水、そしてそれを大きく区分する重水、軽水とで形成されています。
通常知っておくべき事ではありませんし硬水と軟水は用途別に市販されているものの、重水を市販している事はありませんのでさほど気にする必要はないでしょう。


天然水とRO膜水とは!?

TOPページ