軟水と硬水とは|水宅配・レンタルキャンペーンのサポートサイト

HOME   >   軟水と硬水とは

軟水と硬水とは

コップを持つ笑顔の女性 同じミネラルウォーターであっても含有するマグネシウムやカルシウム量により『軟水』と『硬水』に分類されます。

含有量が多い水を『硬水』、反対に含有量が少ない水を『軟水』と区分分けされています。

この量による区別を硬度と呼び単位はドイツ硬度である『dH』、アメリカ硬度である『ppm』で表記されていますがそれぞれに換算方法が異なります。

dHの場合は水100mlに含まれているカルシウムやマグネシウムの量を、炭酸カルシウムの濃度に換算したものであり、ppmでは水1ℓに含まれる硬度を、酸化カルシウムの重量に換算したものです。
1dH=17.8ppmと覚えておけば良いでしょう。

軟水とは

日本人に好まれるものが軟水で、主に口当たりがまろやかであり飲みやすいのが特長です。 浸透性が高く吸水性に優れているので、老廃物の排出をスムーズにする効果があります。

また素材やダシの旨み、香りを引き立てる事で知られており、各種料理に適している他乳幼児のミルク作り、紅茶や珈琲などの味と香りを引き出します。 石鹸などの泡立ちも良く生活用水としても利用されています。

硬水とは

マグネシウムやカルシウムを豊富に含む硬水は、スポーツ後の水分補給やダイエット、便秘解消に効果があります。 ですが日本人は軟水で育ってきた為、硬水を飲む事で胃腸に負担を掛けたりお腹の弱い人などは腹痛を催す可能性がありますので、含まれる成分だけではなく自分の身体にあっているかを確かめましょう。

料理に用いる場合は肉の灰汁を出しやすくする為、灰汁が多い料理に向いていると言えます。
また洋風料理、パスタなどを作る際に硬水を使う事でコシが出ますから用途別に利用するのが、賢い使い方だと言えるでしょう。


軽水と重水とは!?

TOPページ