天然水とRO膜水とは|水宅配・レンタルキャンペーンのサポートサイト

HOME   >   天然水とRO膜水とは

天然水とRO膜水とは

水を飲む女性のイメージ ここでは別項で扱ったRO水(RO膜水)と天然水を比較していきたいと思います。 天然水は現在多くの会社がウォーターサーバーと一緒に販売していますが、一言に天然水と言っても含まれる栄養分なども異なります。

バナジウムを豊富に含むものもあればマグネシウムやカルシウムを豊富に含むものと千差万別。

ただしRO膜水は天然水の枠に入れるには特殊なものですので、どういった違いや用途に向いているかを理解しておく事が望ましいと言えます。

天然水とは

天然水と言っても採水したものをそのまま利用するのではなく、加熱殺菌やろ過などのシンプルな手段で不純物を取り除いたものに余分な手を加えないものです。

大自然の中から採水された天然水は豊富なミネラル分やそれぞれが独特の味わいを持っていますので、
飲んだ感じがふくよかになると言う特長があります。 比較的ウォーターサーバーを扱っている会社の多くが天然水を販売しています。

RO膜水とは

RO膜は有名なアメリカのNASAが開発したものであり、水以外の不純物が通過出来ない極小穴のフィルターの事を指しています。

このRO膜を通したものが『RO膜水』と呼ばれており、ROとは逆浸透膜(Reverse Osmosis)と言う意味があります。

0.0001ミクロン以下のRO膜は水分に含まれる不純物の一切を取り除いてくれますし、福島原子炉事故で社会問題とされているセシウムやウラン、ヨウ素などの放射能物質も除去する事が可能です。 ただし水分に含まれているミネラル分なども除去してしまいますので、天然水などに比べると平坦な味わいになり栄養分でも天然水に劣ります。

その代わり安全性や衛生面では他の追随を許しませんので、使用用途によっては天然水よりも効果を発揮する場合があります。


ウォーターサーバー会社の選び方①

TOPページ